最近のユーロの危機的相場状況

少し前まで、ニュースでは、盛んにユーロ危機が報道されていました。ユーロ危機というのは、いったいどういうことなのか、為替相場に関心がない人には、なかなかどういう問題なのかがわかりづらいのではないでしょうか。

ユーロ危機というのは、ギリシャの財政危機問題に端を発していて、ユーロ参加国の中に、財政赤字を抱えている国々があることから、通貨ユーロの信頼が失墜した、という問題です。

とくに、リーマンショック以後、財政赤字が顕著になり、問題が表面化したようです。

去年ぐらいには、PIGSという言葉もよく聞きました。PIGSというのは、いわずとしれた、ポルトガル、イタリア、ギリシャ、スペインのことです。通貨ユーロを導入した国々には、PIGSのような財政赤字の国々もありがながら、ドイツ、フランスといった産業が発展していて、財政も豊かな国もあります。

こうした国々が、同一の通貨制度の中でやっていけるのか、というのは、壮大な実験でもあります。ユーロ危機が発生してから、ユーロは、ドルに対しても、縁に対しても、かなりの値下がりをしています。

ユーロ危機の一面では、アメリカも日本も巨額の財政赤字を抱えており、どの通貨が一番安全か、ではなくて、どの通貨が一番危険か、で通貨の価値が決まってきているようです。