為替相場と景気動向はリンクし合うのか?

景気と為替相場の関係について、簡単に述べるとします。通貨の交換レートは、基本的には需要と供給のバランスで成り立っています。そして、景気が拡大するとその国の通貨は上昇します。

国際競争力が増して貿易収支の黒字が拡大し、資本収支でも直接投資が活発なものになるからです。金利も上昇しやすく、投資面での魅力も増すということが考えられます。

これを2つの国、たとえば日米間で考えてみると、日本の景気が変わらずに米国の景気がよくなれば、景気拡大による金利の上昇から米国の金利商品購入の需要が増大し、日本からの資本移動が増えます。

つまり、ドル買い円売りが進みます。逆に、日本の景気が良くなって米国の景気がそのままであれば、ドル売り円買いにつながりやすいということになります。

また、外国為替相場は相対的なものですので、日本の景気が悪くなって米国の景気がそのまま不変であれば、日本の景気が変わらずに米国の景気が良くなる場合と同じようにドル買い円売りが起こりやすくなり、日本の景気が変わらずに米国の景気が悪くなれば、日本の景気が良くなって米国の景気がそのままという場合と同じようにドル売り円買いが起こりやすくなるということになります。

外為総合情報はこちらのサイトがおすすめ

FX取引する人なら誰でもどうやったら勝てるのかを考えているものです。そんな積極的に利益を狙うFX投資家のための情報サイトがこちらのFX比較というサイトです。