むしろ強い円の存在価値をどんどん利用する

円高になることによって企業はどのような戦略をとって勝ち抜いていけば良いのでしょうか。為替動向に業績が左右されやすい輸出企業や小売り、外食産業は円高メリットを最大限に享受できるよう努力しなければならない局面にたたされています。

円高になると輸出企業は輸出先で外貨建て価格をそのままキープしたとしても、円建ての手取り金額は減少します。その反対に円価格を維持して外貨建て価格を引き上げると価格競争力が低下して、今までよりも販売数量が落ち込んでしまいます。

海外資産を取得するコストは円高によって下がる

ただし円高と言ってもデメリットばかりかというとそうでもなく、この状況を打破するような施策は各企業ともとれるはずです。通貨価値が高くなれば自国の購買力が向上し、海外資産を取得する際にはコストを抑制できるメリットが発生するものです。日本企業にとっては海外の企業をM&Aして海外資産の比重を高めることで円高によるデメリットを解消することができるのです。余力のある企業ほど円高を最大原意活用してM&A戦略を展開させていき、着々と円高に対抗できる体力をつけていくべきなのです。食品などの典型的な内需型産業にとっても、海外企業を買収することで新市場獲得の絶好の好機となります。例を挙げるとビール各社は海外の飲料メーカー買収に乗り出していますよね。海外企業を買収したい日本企業にとっては円高の進行は強力な追い風となっているのです。

輸出企業は円高による打撃を少しでも減少させるために海外から部品を調達したり、海外の生産能率を向上させたりして円高にたいする抵抗力を高める動きを加速させています。海外から原材料を今までよりも安く購入できる点にありますので製紙会社や電力会社などの輸入・内需(国内消費型)の企業にとって、円高は有利にはたらきます。